木造のアパート建築で新築物件を建てる

アパート経営に興味を持つ

アパート経営に興味を持つ : 木造アパートを建築 : 念願のアパート経営がスタート

自分は昭和20年代から続く家に住み続けていました。
ターミナル駅から徒歩4分という好立地でアパートやマンションなどの賃貸物件には大変有利な土地なのです。
幼いころにはあまりそういったことには無関心でしたが、大学を卒業したあたりから、自分の住む家の立地は賃貸住宅に適しているとだんだん気づくようになってきたのです。
それに気づかせてくれたのは、その近辺にアパートやマンションがたくさん建つようになったからです。
自分が住む通りにも1軒だったアパートが3軒まで増えました。
それを見てウチもアパートにしたほうがよいのではないかとますます思うようになったのです。
大学を卒業した時には不景気でしたので、会社勤めはしていましたが、あまり良い給料をもらってはいませんでした。
実家に住んでいたので家賃などはかかりませんでしたが、このまま会社勤めを続けるべきかどうか迷うことも多々ありました。
しかし自分で会社を興したりするのも気が引けたので、他に何か良い方法がないか探しましたが、そこで発見したのがこの土地にアパートやマンションを建てる「不動産賃貸業」でした。
早速本屋に行き不動産投資や賃貸の本を探しましたが、ずいぶんとたくさん出版されているなと思いました。

建物が建てられる土地を「宅地」と言います
けどその宅地の上に住宅が建ってない「更地」の状態が土地として一番固定資産税が高いんです
しかしそんな更地でも安くなる場合を、僕のサイトでも紹介していますのでよかったら参考にしてみてください#固定資産税 #減税 #節税 #土地税金 #土地活用

— キヨミヤ@更地の固定資産税を安くする方法・節税アドバイザー (@kiyomykun) January 27, 2021

| 22種類の土地活用方法まとめ!